セルフ グリーフケア

自死遺族になって、考えたことや体験したことを書いています。

人生で始めて、仏壇を買うまでの話。

f:id:tokei02:20180802200519j:image

 

8月になりました。

母の初盆が近いてきました。

 

うちは核家族でほぼ無宗教なので、

もちろん仏壇はありません。

 

父は最近まで仏壇を買うのを渋りました。

ハッキリと理由は言いませんが、

ボンヤリと2つの理由があるようです。

 

 

・生きている人(私たちや自分)にお金を使いたい

・仏壇を置いたら「死んだ」となりそうだ。

(これは、私の勝手な推測ですが、そんな気がします)

 

実家には、仏壇が置けるスペースがあります。母が生きているときには、

座布団入れだったのですが、

今は、母のスマホやお菓子、お花などが質素に置かれているだけです。

 

私と3歳下の弟は、

「あまりにも、なんだか…」 と感じていたので、父と話し合い、仏壇を買うことにしました。

 

その後、日曜日に父と一度、

仏壇店に下見に行きました。

 

父も、仏壇を買うのは初めてなので、

何もわかりません。

私と一緒です。

 

店員さんがすぐにやってきて

話を聞いてくださいました。

 

 

 

この2つさへ調べたり、

サッと言えないぐらいのまま

下見に行ったのですが、

店員さんも慣れてあり

帰りに宗派ごとの揃える仏具や仏具の意味を書いたパンフレットを用意してくれました。

 

その後、父ともう一度話をして、

私と弟に全部任せられることになりました。

 

 

f:id:tokei02:20180802200525j:image

 

弟は、かなりこだわりのある性格なので、

デザインなどの好みは

持って帰ってきたチラシを

弟に見せて、3点選んでマルをつけてもらいました。

 

このとき、

・母は、あまりギラギラした仏壇は好まないと言っていたこと

・親戚等は立派な仏壇を買うよに言っているらしいこと

・まず、値段は置いておいて、自分がピンとくるものを選んでほしいこと

 

の3つを伝えました。

そんなに予算はありません。

でもまずは、弟がピンきたものを知りたかったのです。

 

弟のモノへの凝り性具合や

物持ちの良さは、母のお墨付きです。

 

 

これらを揃えてから、

再度、同じ仏具店に

仕事帰りに1人で行きました。

 

 

 

 

続く