セルフ グリーフケア

自死遺族になって、考えたことや体験したことを書いています。

母が他界した冬が近づいてきた。

こんばんは。

トケイです。

 

 

急に、肌寒くなりましたね。

母は、雪が降った身も心も凍るような冷たい日に他界したので、

寒くなっていくにつれて、

「私の心は耐えられるだろうか」と

内心怯えています。

 

 

そんなとき、

冬を越して春になったときに描いた

四コママンガが、データで残っていたのを

見つけました。

 

 

f:id:tokei02:20181015215726p:plain

f:id:tokei02:20181015215740p:plain

f:id:tokei02:20181015215756p:plain

f:id:tokei02:20181015215813p:plain

 

 

 

こんなに優しい母ではなかったし、

母と毎年桜を見に行ったりもしていません。

 

 

だけど私は、

この春、こんなことを感じたから

四コママンガとして、

気持ちの整理を付けて行き始めたんだと

今になって思います。

 

 

f:id:tokei02:20181015215827p:plain

もし母が生きていたら…と想像する日。

f:id:tokei02:20180914004613j:image

 

こんばんは。

tokeiです。

 

私は、道を歩いているときなどに、

「あの人、お母さんに似てるなぁ」と

思うことが結構よくあります。

 

f:id:tokei02:20180914004622j:image

 

それはスーパーで買い物をしていたり

車に乗って横断歩道を歩いている人を見たり

人がたくさんいる場所でも、

やっぱり見てしまいます。

 

似たような洋服や

似たような髪型

母が好みそうな鞄を持っていたり

そんな、ちょっとしたことで

母と他人を重ね合わせたりしてしまいます。

 

きっと、大切な方を亡くされた方の中には

同じようなことを頻繁に感じている方も

いらっしゃると思います。

 

私はまだ独身です。

なのでもしこの先結婚することがあったら、

「母だったら、どんな思うかな」

なんて、やっぱりちょっと思ってしまうのです。

 

「ウェディングドレスには、

いろんな口出しをしてくるんだろうなぁ」

とか

「留袖はどんな風に着たらいいのかなぁ」

と悩んだだろうなぁとか

「結婚しても今の女の人は仕事やめたらいかん」とか言うだろうなぁとか

「なんだかんだ言って、

すごく淋しがって泣くんだろうなぁ」

とか。

 

f:id:tokei02:20180914004613j:image 

 

もう絶対に絶対に

想像だけで現実にはありえないんですが、

もしも母が生きていたら、

そんな未来も来ていたのかもしれないなぁ

なんて想像したりする日もあるものです。

 

不思議なことにそのようなことを想像したからと言って、寂しくなったり悲しくなったりする事はありません。

 

自分を守るために寂しいとか悲しいとか

そんな感情を殺してしまっているのかもしれません。

 

 

 

被災してないのに体調を崩すとき。

f:id:tokei02:20180908000533j:image

北海道の地震、余震や雨、土砂崩れ、これ以上被害が大きくならないよう願っています。

 

北海道の地震が起きたとき、私は熊本地震を思い出しました。
その時、私達家族の中で

真っ先に体調崩して寝込んだのが、母だったのです。 

 

 

私は調剤薬局で働いていますが、やはり1週間ほど経った時からでしょうか。 


患者様からも、ムカムカする、吐き気がする、なんだか眠れない、動悸でドキドキするの、と言う方がどんどんと、確実に増えてきました。

続きを読む

私が感じた『半年後の自死遺族』の変化

f:id:tokei02:20180903013115j:image

 

人それぞれ感じ方も感覚も期間も、半年に囚われず違いますが、『半年後の自死遺族』の今の私が感じたことを、素直に書き残そうと思います。


理由としては、Twitterで「私だけなのかなぁ…」と思ったツイートが、
皆さん同じような感覚を持たれていたことに気が付いたからです。

 

 

 

私が感じた『半年』を棒グラフにしてみました。

 

続きを読む

人生で初めて仏壇を買うまで 2

 f:id:tokei02:20180824013501j:image

こんばんは。
仏壇を買うまで2回目です。

 

 


事前に1度だけ父と仏壇を見に行ったんですが、サイズなども計らないまま行ったので、

結局出直しになりました。

 

父からは全てにおいて任されていたので

2回目は1人でお店に行きました。

 

どうしたらいいの迷っていると

前回と同じスタッフの人がやってきて

声をかけてくれました。

続きを読む